« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

トロトロ

どうやら我が家の娘たちは、食いしん坊な赤ちゃん時代を過ごすようで、
詩も柚にまけじと、しっかり離乳食を食べます。

開始当日から口がパカっとあく詩。
「あんた。。。 殺されんで。。。」 とつぶやいてしまう私。

でも、1週間くらいするとなぜか口をあけなくなり、完全拒絶。

こういうときは、お休みするのが一番 と柚を育てた経験上思っていたので休憩。

そのおかげかわかりませんが、ここのところ、よく食べてくれるようになりました。

でもお野菜をあげるのって難しい。
今は凝った味付けをするわけではないので、素材がもつ食感や味が勝負で、
苦いものなどは基本的にNG。

かぼちゃ、にんじん、とうもろこし、グリンピースなどは便利食材だけれど、
どうにもワンパターン。

と、思っていたのですが、おもむろにあげてみたモロヘイヤ。

Img_4940

この日のメニューはサツマイモのミルクポタージュ、すりおろしトマト、モロヘイヤ、おかゆ。

試し食材なので、ほんのちょっと かつ、ほかのものとは混ぜない(捨てることになると嫌だから)

そうしたところ、モロヘイヤをトゥルルン!

そっか。。。 ねばねば食材って、実はトロトロで食べやすいんだ~
と気づきました。

で、昨日きたお野菜からはオクラをチョイス。

Img_5150_2

にっこりフェイスのカップがいつも癒してくれる離乳食タイム。
オクラもどうやらお好きなようです。。。

このブログを見てくださっている中には乳幼児を抱えていらっしゃる方も多い。
たまに、離乳食についても触れてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ベジオンpizza

明日はお野菜が届く日だな~ ということで、
夕食後にフォカッチャ生地を仕込みました。

今回はマッシュポテト入りなので、きっとモッチモチだぞ~

とルンルンで生地を冷蔵庫にいれてから、

ハタ と気が付きました。

「明日来る野菜って何だろう?」

。。。。

ま。なんくるないさ~ と都合よく琉球ポジティブシンキング。

で、翌日の午前中に生地を発酵させ、届いたお野菜をon。

Img_5119
でもピーマンは、実は柚が学校の菜園で収穫してきたもの。
大きい!

Img_5120

トマトソース、バジルソース、ハニーマスタードソースの3種類。

のせるお野菜は気まぐれ。 あとはベーコン or ハニーマスタードでソテーした鶏ささみ。

ベジタリアンなものから、子供よろこぶ茹で卵のせまで。
(詩の離乳食でほんの少しの卵が欲しかったので、ゆで卵の大部分があまったノ)

ガガッと高熱で焼き上げ。

Img_5135

娘のオヤツよりも先に、私のランチタイム!
Img_5147_2
同じく届いたズッキーニ、オクラ、セロリとともに。

トマトソースよりも、フレッシュなトマトが焼かれて甘みがでて美味しいと思いました。

やっぱり美味しい野菜は贅沢です☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

カジキステーキ w/甘い玉ねぎ

同じく関西に帰省していた友人が、淡路島にいった といってお土産を持ってきてくれました。

淡路島っていったら、絶対玉ねぎだ! といただく前から味に期待!(失礼凹)

一気に食べるのはもったいないと思いつつ、1日1つは食卓に参上。

やっぱりサラダ。

そしておみそ汁。

おみそ汁から玉ねぎを頂戴してすりつぶし、詩にあげたところ大満足。
やっぱり赤ちゃんの味覚は素直だわ。。。

そして昨日はきれいなカジキマグロの切り身が買えたので
Img_5117
カジキのガーリックステーキ オニオンソテーソース

です。

基本は照り焼きの味ですが、玉ねぎのソテーの最後にトマトも投入し、
一緒にいためてソースにしました。

お醤油の味の中に玉ねぎの甘さとトマトの酸味、そしてニンニクの香りが主張していて
和風なデミグラスソースのような味で、なんだかしみじみ美味しい。

夫も「コレ、おいしいな。。。」としみじみ。

同じ照り焼きって思っていても、少し食材をプラスするだけでがらりとかわる。
やはり料理って面白いな と改めて思う今日の食卓でした。

でも、柚に感想を頂戴したところ
「まぁまぁ」だそうです。。。 

厳しい凹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ワッフルワンダフル

ずいぶん前から欲しいなぁ。。。 と思いつつも見送っていたのですが、
またまた唐突に買いました。

Img_4518
ビタントニオ ワッフルメーカー

私はワッフルよりもパニーニが好きなのでパニーニプレート狙いではあったのですが
せっかくなので発酵生地を使ってワッフル。

これが柚のみならず、夫にも大ウケ。
粉砂糖で楽しんだり、ジャムを塗ったりして大いに楽しんでくれています。

でも、確かにお腹にたまる素朴なおやつ。

スイミングなどの習い事のある日は、おやつといっても補食の要素を欠かすことはできません。
そんなとき、お役立ちツールだと気が付きました。。。。

でも、発酵生地でのワッフルは、
多めにやいて冷凍しておこう。。。

ちなみに。。。

このタイトルをみて、あるアーティストに直結してくれた方。
あなたはきっと、和義ファンですね。。。。

何を隠そう、学生のころからライブに通いづめたcalmoなのであります。
今聞いても、胸キュンデス。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タイカレーレッスン

無事、週末にタイ料理のレッスンを終えました。

本当!!に暑い暑い中、皆さまお越しいただいてありがとうございました。
残暑はまだまだ続いてしまいそうですネ。。。

1日目、詩はいつものごとく9時過ぎに朝寝を開始。
2時間は寝るだろうし、近所でお祭りをやっている ということで、パパと柚は行ってしまい、
まさかの詩は一人ぼっち
「泣いたら電話して~」 って、本当に帰ってきてくれるんでしょうねぇ。。。 と思いつつも、
10時から静かに教室がスタート。

みなさんお変わりなく、お話をしつつも説明をしていたら
寝室から「ギャァ~!」と一声。

うっかり寝返って起きてしまった詩ピー。 
夫に電話したら不通(お~い凹)

仕方なくつれてきて、皆さんにお披露目とご挨拶。ほんとは詩じゃないノ

とりあえず、ここで遊んでて~ とマットの上におもちゃと一緒に置いておいたところ、
ウンともスンともいわず、黙々とおもちゃと戯れてくれました。
詩、アリガトウ。

さらに10分ほどで夫たちも帰ってきたので、
レッスンは支障なく行えました。

さて、レッスン内容ですが。。。

こちら、タイカレーのペースト材料の一部。
プロセッサーで回すだけで、青く、ツンとした香りが部屋中に漂います。Img_5073

ペーストを作ってカレーを煮込みます。

途中、必ずと言っていいほど、みんな咳込みます。
唐辛子に火が入ることによって、かなり香りがきつくなります。
でも、ここで誰もむせないようならある意味では失敗。

むせる人がでてきたら次の工程に行くのが目印です というくらいに、重要なポイントだったのです。
生徒の皆さま、お忘れなく。。。

カレーを煮込んでいる生春巻きをみんなで巻き巻き。。。

Img_5078
2種類作ったのですが、これはオーソドックスなエビ入りのもの。

エビを綺麗に見せるのがポイントです。

同じものを巻いていても、巻きの強さがちがってくるので、
食感に違いがでます。
試食ではいろんな人が巻いたものを召し上がっていただきました。

Img_5097

メインのタイカレー。
最後の味見の時に、もう少し辛くしてもよい! と満場一致でしたので、
小さじ1のペースト追加。

このひとさじがガッツリと効果をあらわし、真夏にふさわしく、辛めの仕上がりとなりました。

私はグリーンカレーにプチトマトを入れるのが好きなノ

1日目
Img_5090

2日目
Img_5091

お皿を少し変えてみたりしていますが、セッティングの基本はアジアリゾートなランチタイムです。

途中、大爆笑もおきながらの試食。
8カ月ぶりにあう皆様はお変わりないようで、やっぱりいろいろとお土産話があって
とても楽しかったです。

そしてデザート。

Img_5100
少しアジアな香りをまとったパイナップルをアイスにトッピング。
ついでに作れる3分デザートです。

やっぱり辛い物の後はデザートは必須ですね!

みなさん、1回分ずつグリーンカレーぺーストもお持ち帰りいただきましたので、
ぜひぜひ残暑が厳しい今、もう一度作って召し上がってくださいネ!!

さて、うっかり話をしすぎて時間は1時過ぎ。

いつものように午後クラスがあったら大慌てになるところでした。。。。

8か月ぶりの教室。 不備などはなかったけれど、
全体的にちょっと時間管理が甘かった気がします。

11月からはまたみなさんにくつろぎつつも有効な時間を楽しんで頂けるよう、
気を引き締めたいと思います。

始めてお目にかかる詩とお久しぶりの柚にも、
みなさん暖かく接していただき、ありがとうございました。

2日しか開催がなかったため、お入りいただけなかった方々には申し訳ありません。
また必ず企画します!

ちなみに。。。

みなさんのご試食の前には、詩の離乳食タイムもあったため、
さりげなく( いや、かなりずうずうしく。。。)詩も参加していました。

Img_5093
なんか、いっぱいヒトがいるし、いっぱいわらってもらえル~

最初は、びっくりしているのか真顔だった詩ですが、
最後の方はお得意のスマイルをお披露目していました。

そうだ!詩!

笑顔あるのみだゾ! 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

教室再開のお知らせ

明日には8カ月ぶりの教室開催!

気合いも食材も、なんとかおうちのお掃除も凹 準備万端です。
楽しみ!!!

さて。。。
ようやく皆様に再開についてお知らせすることができることになりました。
みなさま、今年に入ってからもいろいろとメッセージをいただき、
本当に力になりました。
ありがとうございます

今年初めから産休ということでお休みをいただき、
秋には再開!と言っていたのですが、ずれこんでおりました。。。

10月!と思いつつ、今年は娘の運動会やら地域のお祭りの手伝いやらでバタバタしてしまうため、
かなり中途半端ですが11月から再開させていただくことにしました。

以下の日程で開催いたします。

11月

3日(土) 午前
3日(土) 午後
4日(日) 午前
17日(土) 午前

12月

1日(土) 午前
1日(土) 午後
2日(日) 午前
8日(土) 午前
9日(土) 午前

当面は、以前の7割程度の開催数で設定させていただきますが、
様子をみながら追加したいと思います。

ご不便をおかけしますが、お許しください。。。

献立などは詳細が確定次第お知らせしますが、
11月は中華、12月はクリスマス向けの洋食を予定しています。

ご希望の方はメールやコメントでお知らせくださいませ。

久しぶりに皆様にお会いできますことを楽しみにしています♪

| | コメント (2) | トラックバック (0)

チクチク

帰省前の一仕事。

Img_4091

柚のお稽古バッグを作りました。

Img_4086

お習字を始めたのですが、予想に反してとっても楽しいらしく、
頑張っています。 何十枚も書いてようやく合格した作品はさすがにうまい。。。

お習字は習字道具だけではなく、半紙、持ち帰り用の新聞、書き損じのごみ、
ぞうきんなどなど、荷物が一杯。

半紙を折らずにすんなり入るバッグが欲しい と言われて、作りました。

「汚れたら嫌だから」というので、デニム生地なのですが、
持ち手に刺繍リボンを使い、内側をハデハデに。Img_4093

そして相当久しぶりの刺繍。

Img_4077

チクチクチクチク。。。 

黙々とした作業は頭が無になる時間。

肩は凝るけれど、なんだか頭は元気になった気がします。
刺繍をするのはおそらく7,8年ぶりですが、たまにはやろう!

柚も「やりた~い」といって、自分が書いた絵を布にうつしたので
刺繍を教えたところ、簡単な縫い方ならずいぶんと上手に縫い進めていました。

7歳って結構、なんでもできちゃうのね。。。
細かい作業が好きなのは、私に似たってことなのかナ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

関西では。。。

すでに東京に戻ってはいますが、少し帰省時のことを。

詩がいるしゆっくり。。。 と言ってたのはどの口か?

毎日、山登り、花火、京都茶碗坂の陶器市。。。とイベントだらけ。

花火は、お勧めは琵琶湖花火。
湖面に打ち上げられるので、花火がいつも2倍に見えてとっても明るい。
でもさすがに人気の花火なので、乳幼児連れは遠慮しようかな。。。


ということで、もっと地元民向けの花火へ。

この花火、初めてかも? といいながら母に連れられて琵琶湖沿いを歩いていき、
ココといわれたところで、寝ころんでみました。

ドドーン!という音がお腹にズンズンひびいてきて、ハッと思いだした!

昔、祖母と来た!!!
花火はこうやって見るもんなんやで~ といわれながら、寝っ転んでみた時の風景がサ~っと戻ってきました。

多分、今の柚(7歳)くらいのころだったカナ。

Ss


花火が始まるずいぶん前からお弁当とビールをもって、宴たけなわで花火が始まる人たちもいて、
とてもよい雰囲気。

派手な花火もいいけど、こういう地元なイベントもイイナ。。

来年以降は、琵琶湖花火よりもこっちにいきたくなりました。。。

そして翌日は、新しくできた京都水族館。

Img_4462

久しぶりの水族館。
キラキラしていて詩も釘付け。

テンション最高潮の柚は見終わってももう一周するというので、
私と詩はイルカショーの場所取りがてら、座って休憩。。。
と、これが正解だったようで、ショーが始まる30分前には満席。。。

とってもいい場所で見ることができました

Img_4498

水族館のあと、私は別行動で大阪へ。
久しぶりに友人とじっくりみっちり話しこみ、ついつい終電帰宅になってしまいました。

でも、やっぱり元気なる!

また帰ろう。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パーラー

柚のリクエストにより作りました。

Img_4836

グレープフルーツ6個をくりぬき、さらしを使ってコノコノコノ~と絞り込んだ果汁。
ゼラチンをぎりぎりの量にして、プルップルのゼリーの完成。

シンプルだけど結構手がかかるこの子。
久しぶりに作ったので、ちょっと持ち手をつくってリボンでオシャレさせました。

でも、あまりもののリボンでやったせいか、
なんだかとっても昭和な仕上がり。

パーラーcalmoなおやつです

Img_4831

こういうシックなリボンはあわないのね。。。 ということがよくわかりました。

このデザートはこれからも、レトロクラッシックな出来を目指そう。

1日冷やして3時のおやつ。
ほろ苦くって甘酸っぱい! 

「美味しい!!!!」と喜んでもらえて、前日の苦労は報われました

そういえば、子供のころはグレープフルーツを半分に切ってもらって食べるとき、
グラニュー糖がかかっていました。

このデザートはその味がします。(じゃぁ、そう食べたほうが楽かも?)

たまにはこういうデザートもつくらなきゃな。。。 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

お盆休みの終わりに。。。

夏休みをお盆前に取っておきながらなんですが、
なんとなくお盆明けの週末は、ちょいといいものをたべたいナ。。。 ということに。

といっても、手巻きずし となんともささやか

みんなそれなりにお刺身はたべるけど、どっさり買ってしまうと必ず残る。
マグロ、サーモン、イカがあれば十分。 甘エビといくらがあれば大喜びな家族です。

それぞれを柵で買うと残ってしまうので、いつも刺身盛り合わせをギョロギョロと物色し、
できるだけみんなが好きな組み合わせを探すのです。

本日は、マグロ、サーモン、イカ、真鯛 でした。

開けてみるとなんだか長い切り身だったので、それぞれをカットして手まり寿司にしました。

Img_4826

小さな切り身なので、これもピンポン玉より小さいかも?というおちょぼサイズ。

でも食べやすくって、好評でした☆

しかし、よく考えたら真鯛のお刺身。。。

1切れ、詩の離乳食に取っておけばよかったナ。。。

まだ魚をあげたことがないのですが、量的にも種類的にも、
真鯛のお刺身1切れがベストだった。。。
柚の時はかならずお刺身を取り置いていたことをすっかり忘れていました凹

うーむ。 もうしばらくお魚体験は我慢してもらおう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

分裂

しています、我が家の次女。

寝がえりしたわぁ~って思ってたのはつい先日なのに、
いつのまにか支えられながらお座り。

そして数日したら、支えなんていらないモン。

Img_4579

さすがに、こけちゃうこともあるので、我が家はクッション王国と化しています凹

気になる本やおもちゃを置いておけば、ひとりでじぃっと眺めたり齧っている時間が増えました。

ちょっと引っかき傷ができても、翌日には忽然と消えている。。。

新陳代謝の良さと細胞分裂の活発さ。

うらやましく、まぶしい生命の力です。。。

私は、なんとなく夏の疲れが出てきました。
いかんいかん!

来週は久しぶりの教室。 とにかく寝よう!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

軽率な山登り

今回の帰省は盛りだくさんの予定だけれど、基本、シティ派(?)。

涼しい夏服、サンダル2足しか持参していない私。

なのに、突如「伊吹山へドライブに連れて行って~」と母。

ナヌ?

子供のころにキャンプやドライブで何度かいったけど、とにかく寒かったハズ。。。

仕方ないので、母のカーディガンを借りて出発。
詩だけは、万が一の寒さに備えて冬服を持参していたのが不幸中(?)の幸い。

家から1時間半。ドライブウェイをへて、8合目付近までやってきました。

Img_4384

確かに涼しいけれど、少し肌寒い程度でホっ

写真の一番奥に広がるのは琵琶湖。
やっぱり京都・滋賀って山がたっぷり。美しい~。

と、こんな景色を見ながらのランチは、何も用意していなかったのでコンビニでパン。
そして詩のミルク用のお湯を拝借して食べるカップラーメン。

スキー場で食べるカップラーメンと同じく、ちょっとジャンキーで
あたたかくって、一番人気でした

そしてここからが意外な展開。

母ってば、ごそごそ荷物を軽くしはじめてる。。。
「上でかっぱえびせん食べる?」と柚に聞いてみたりして。

ウエ?

そう。 まさかの登山。

今年買ったばかりのサンダル(そういう問題ではない?)なんですけど?

と、驚いたものの、ある意味では母らしい唐突を予想できなかったのも娘として残念。
せっかくだし、天気もいいし、行こう!ということになりました。

幸い、夫がスニーカーをもっていて履き替えたので、
それまで夫が履いていたクロックスに履き替え、私も、可能な範囲で準備万端。

40分ほどかかる緩やかな登山道を選んで行ってきました。

Img_4382

昔よりも整備されていると思われる、登りやすい道。
詩は夫の背中で熟睡中です。

道にはせり出すように高山植物が咲いており、少しハイジな世界。

Img_4412_2

やはり関西か、「えらい身軽な格好で山のぼってんね~」なんて声をかけられ、
「歩けますけど、お勧めしません~」なんて笑いつつ、思っていた以上に楽しい時間。

急ではないので、母も柚もちゃくちゃくとのぼることができ、
40分もかからずに山頂に着きました。

さすがに霧がでていて寒い!
なんたって、標高はこの通り。

Img_4404

詩、人生初の高原を体験です(わが子の顔がスクラッチ~

暖かい格好をしたうえで、涼しい空気が気持ちよいのか、
「うわぁ~」といった顔をしてくれました。

きもちいいね~☆

ちょっと驚いた始まりではありましたが、誘ってくれた母に感謝。
とっても楽しい午後になりましたヨ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

サマー!

Img_4309

でもちょっと終わりかけかな。。。

お盆をさけて、早めの夏休み。
実家に帰省してきました。

お祭り、友人とのランチ、飲み会、花火大会 などなど盛りだくさんでしたが、
やっぱりしみじみよいなぁと思うのが琵琶湖。

このひまわりは琵琶湖東湖畔にて。

終わりかけのひまわりって、こんなことができちゃう。
Img_4303

下にはぎっしりの種。

「食べたことな~い」という柚に、一つホジホジ。

美味しかったそうです。 
「松の実に似てるね~」 ですって。

同じく東湖畔には、この時期ハスが最盛期を迎えていました。

Img_4223

ハスを見ながら木陰で朝食ピクニック。

Img_4128
アタチも食べた~いと乗り出す詩に、
桃をつぶしてあげました。

赤ちゃんも美味しいものは知っています。

とてもいい風の中、詩はウトウト。
最高に心がリラックスする時間でした。

私は京都の育ちですが、この大津も祖父母が住んでいたところなので
子供のころからなじみのある琵琶湖。

大人になって、その良さがさらにわかるようになった気がします。。。

関西へお越しの皆さま、琵琶湖をただの日本一の大きい湖と思わず、
ぜひぜひ四季を感じに見に行ってくださいね。
春も秋も。

そして冬もとっても美しい湖面と自然が待っています☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

タワー

世の中はウキウキ夏休み。

我が家にもウキウキ娘。真っ黒で夏モード満開です。

Img_2731
夏休みの初日、まずは1学期間で使ったものにお礼!ということで、
靴をあらったり、筆箱やランドセルを綺麗にしました。

そしてはれて夏休み

毎日毎日プール、児童館、友達の家。。。そして習い事 と
何回? というくらい出入りしています。

プールの時間も学年ごとに日替わりなので、
夏休み中の予定を書き出さないと混乱する始末。

9時に送りだしたら11時前に帰宅、お昼を食べたらいってきます~。
おやつの時間に帰ってきて、習い事へ。。。

なんだかこちらも忙しい気分になってしまいます。

なので、2週間近く忘れ去られたパン作り。
高温多湿な今、パンを作らなくてどうするんだ!と奮起して、
久しぶりに焼きました。

Img_4115
クルミベーグルtower
(たった3段重ねるのに、結構苦戦しました。)

ちょっと配合研究中なのですが、今日のベーグルはモッチリだけど、
あまりギュムギュムしていない作り。

粉の風味を残したくてこねすぎないように注意しつつ。。。

詩が3時間爆睡してくれたため、中断されずに焼き上げました。

うん。久しぶりに納得の出来

ちょうどお昼前に焼きあがったので、
昨日届いたお野菜とともに柚とお昼ごはん。

Img_4119

お皿の選択ミスにより、ピサの斜トウモロコシ。。。

あ。。。 柚の大好きなダジャレになってしまいました

ついついベジタリアンになりがちなお昼ごはん。
週末から関西に帰省するため、冷蔵庫が届いた野菜くらいしかなく、
柚にだけ、かろうじてタコウィンナー。

「わぁ、豪華だね~!」と大喜びで食べてくれました。

「お皿、小さいから食べにくいよ」 と、的確な指摘もされつつ凹

詩ピーは、お隣で今日もモリモリ離乳食。
デラウェアを絞ってみたところ、

ゴクン。。。。 

酸っぱい!  と目をシバシバ けど、オイチーとニンマリ

ゴクン。。。

酸っぱい!  と目をシバシバ けど、オイチーとニンマリ

ゴクン。。。

と、何回やっても同じことを繰り返していました。
赤ちゃんって面白い。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

瓜の鶏そぼろ煮

スイカについては、語りすぎるくらい語りました。

でも、スイカとメロンは嫌いでも瓜が嫌いなわけではありません。
キュウリなんて、1週間で10本くらい消費する我が家だし。。。

今朝、お野菜が届きました。
詩が寝ていて余裕があったので、ちょっと並べてみました。

Img_4103
夏野菜は目にも元気をくれますね~☆

このほか、空心菜やサラダリーフ、ジャガイモなどもありました。


この瓜。

Img_4111
うりざね顔 とはよく言ったものですね。。。。  

Img_4111_2

食べ物で遊んではいけな~い

さてさて。 新鮮ならばやっぱり塩もみ、浅漬け何でしょうが、
私は瓜はこれが食べたい。

Img_4123_2

冬瓜よりも瓜で作った方が食べ応えがあって好きです。

久しぶりにレシピを載せておきます。

◆材料

・瓜  小さいもの(写真のは縦13~15cmです)2個 または大きいものなら半分
・鶏挽肉 50gもあれば十分(たっぷり欲しければ100gでもOK)
・みりん  大2~3
・酒 大1
・薄口しょうゆ 大1
・鰹昆布出汁 300ccほど
・塩  味を見て少々追加

◆作り方

1.瓜は皮をピーラーで数本向いてから縦半分に切って種を取り除き、食べやすいサイズに切る。

2.鍋に鶏挽肉、みりん、酒、薄口しょうゆをいれ、菜箸でよく混ぜて鶏挽肉になじませる。

3.よく混ざったら弱火にかけ、菜箸で混ぜながらそぼろを作る。

4.そぼろ上になったら瓜と鰹昆布出汁をいれて一度沸騰させる。

5.灰汁を取り除いたら、味見をし、塩(好みで薄口しょうゆ)で調整する。

6.落としブタをし、中火で瓜が柔らかくなるまで煮込む。
  (瓜によりますが、5分~10分)

7.水溶き片栗粉でこのみのとろみをつける。

冷めても美味しいですが、その場合は私は片栗粉は使いません。
サラっとたべたいので、煮びたしのようにして食べています。

冬瓜で作ってもいいのですが、冬瓜の場合少し水っぽくなりやすいので、
味を濃いめに作る方がよいかと思います。

せっかくの新鮮野菜、煮物だけではもったいないので、
今回は1.5個をそぼろ煮に、
残りを浅漬けにしました。

今日の夕飯は瓜攻撃です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »