« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

一皮剥こう!

またわけのわからないタイトル。。。

詩との時間の間にパンを作ったりお料理をしたり、
柚の用事をすませたりとしていますが、
ここのところ、はまっているのが、

今さらながらのハウスクリーニング。

キッチンは別として、
床は掃除機をかけて、たまに水拭き程度だった我が家。
4年たって、なんとなく床の曇りは気になってはいたんだが、見て見ぬふり。。。。

家具も床も、年数とともに年季が入ってきている。。。 と思ってはいたのですが、
年季とあきらめるにはやっぱり気になる! とおもって、一部を本格的に掃除したところ見違えました。
で、全部やりたい!となるのが、お単細胞なワタクシ。

まずは床。 重曹を使って優しく磨き、仕上げでしっかりふくと
引っ越してきたころを思い出すくらいにきれいで一皮ツルリ。
サラサラで、くもりのない床になりました。

ものすご~く時間がかかるので、まだ2階の一部と階段しかできていないのだけれど、
階段を上り下りするたびに気持ちがよく、夫にも「こういうの、重要だね。。」と言われました。

ほんっとに。
何気なく汚れを見逃すうちに、当たり前になってしまっていたくすみ。
取り去ることにより、生活まで明るくなるように思えました。

まだまだやらねばならぬ部屋はありますが、
その前に と思って、今日はダイニングテーブルと椅子もメンテナンス。
ふいても、なんとなくすっきりしなかったのですが、薄く研磨したら全体的に明るくなってスッキリ。

オイルフィニッシュの家具なので、メンテナンス用のオイルをスリスリ。
丸一日おけば完成です。

Img_3493

「オイル塗りたて!」のメモとともに1日お休みのテーブル。
夜は友人夫妻と焼き肉会合の予定なので、今日はうってつけ☆

うっかり座られてしまわないように、座面は取り去ってます。

ちゃんとしているつもりでも、見ぬふりが積み重なった汚れ。
古くなったんだから仕方ない というのは、もしかするといいわけで、
やれば維持できる気持ちのよさなのかな と今さらながら気が付きました。

お皿の裏、リモコンの隙間、引き出しの隅。
表面的にはわからないけど、実は「ま、いっか」の蓄積になってしまう箇所っていっぱい。
でもそういうところがスッキリしていると、気持ちも軽くなるような気がします。

ここから数週間かけて、家を生まれ変わらせるゾ!と燃えています。。。

とはいえ、乳幼児をかかえ、気をつけたにもかかわらず若干、腱鞘炎気味なので
本末転倒にならないように、加減しま~す。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ロシアンルーレットな夏野菜

最近お気に入りの八百屋さんへ、詩をつれてかなり遠出。

鳴門金時3本100円!とか、完熟過ぎるから料理用に とトマト山盛り150円!とか、
使いようによっては、感動的にありがたいお値段と量のお野菜達に出会えました。

そして、しし唐がざる山盛りで100円。
もってけドロボーだわぁ。。。

台風のせいか、蒸し暑い! 何をしてても汗だくなので、
おもいっきり夏ご飯な気分で一品を作りました。

Img_3463

しし唐とお揚げの甘辛炒め。

しし唐と炒めるものは豚こま肉でもおじゃこでもOK。
今日はお揚げ。

お揚げをカリカリにいため、しし唐も焼き色がつくくらいにしっかりと炒め、
いったん、火をとめちゃいます。

このまま調味料をいれると、激しく飛び散って、うんざりな掃除が待ち受けますので、
火をとめてゆっくり10秒。

醤油、酒、砂糖 を2:2:1くらいの割合でいれたら火をかけ、
煮詰まるまで炒めれば完成。
この10秒を待つだけで、調味料はほぼ飛び散らず、焦げることもなくうまく具に絡みます。

最後にごまを一振り。

気軽でとってもおいしい常備菜です。

この一品、しし唐のみならず、かぼちゃやきのこ類で作っても美味しいので
夏にはよく作るのですが、今日のような気候にはやっぱりしし唐!

ピリ辛がたまらなく美味しいのです。。。

と思って、味見。

。。。。。   しばらく無言になるくらいに辛かった

ビールとともに食べるなら美味しいだろうけど、日中に味見するには激辛。
これが安さの理由か???

しかし、夕飯時に食べてみたところ、5本に1本くらいが激辛。
あとは、いいねぇ~という辛さでした。

そこで娘が背伸びして「一本食べてみたい」といったので、
できるだけ甘いほうがいいんじゃないか と、少し大きく、少し黄色いものをえらばせました。

これが大失敗。

激辛 のち 大泣き。

あ~、しし唐、嫌いになっちゃった???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

暇な日のランチ

今日は午前中に雨も上がり、外にでかけよっか~ と思ったところで、
詩がおひるねっ!しかもかなり深そうな眠り。

 

あ~。。。。 
仕方ないから、お昼ごはんまで二人で遊んでおいで~とパパと柚を送り出しました。

時計をみれば11時。
とっても静かな時間なんだけれど、本を読むには時間が半端だし、
掃除などもおわってしまってるし。。。

う~ん。ひま!

 

ということで、無駄に手をかけたお昼ごはんです。

Img_3401

前日に作ったクルミベーグルをつかってベーグルサンド。
味ごとに色と形を変えた旗をさしてみました。

 

そしてお品書き(ほんとに暇だわ。。。)
Img_3402

 

たった1時間で汗だくで帰ってきた父娘。
たっだいま~と帰ってきてこれをみた夫が一言、
「ほんとに暇だったんだね」 

 

 

ばれたか

| | コメント (0) | トラックバック (0)

豆ごはん

気のせい?

とは思えないくらい、関東ってグリンピースが出回っていない!

その代わり、春になればソラマメが威張っているような気が。。。

関西って、その逆だと私は思います(違うかなぁ???)

春といえばたけのこ。 そしてグリンピースだろ~!と鼻息を荒くしてしまいます凹

グリンピースは好き嫌いが大いに分かれるところですが、私は大・大・大好き。
家族もそろって好きなので、とにかく春には食卓に取り入れたいのですが、
ことしはさらにお目にかからなかったなぁ。。。(あっても少量)

と、ものたりないまま旬が終わろうとしていたら、母から電話。
「グリンピースいる?」 と。

「いるぅ!!!」 と即答。

聞けば、母のご近所さんがとっても上手に作っているらしく、
数年前からまとめて買わせてもらっているのだとか。

二袋にぎっしりと入ったお豆が到着。
Img_2991

プリップリ

むくのも楽しく、青臭い香りがまた幸せ。 
煮たり卵でとじたり。。。 といろいろあるのに、私はとにかく豆ご飯。Img_3152

何回も楽しんじゃいました

豆ご飯はみりんと薄口しょうゆ、お酒で薄味に炊くのが好きなのですが、
この何年かで一点かえたのは、豆を塩ゆでしておくこと。

独特の青臭さもまた旨味だ という考え方もあるでしょうが、
灰汁を抜き、軽く塩味を入れてやることで、豆がやさしく主張するんだって聞いて以来、
かならず下ゆでします。

今度、豆ご飯を作るときは、お豆を強めの塩水(3%くらい)で5分ほどゆで、
冷めるまでおいて味を含ませてみてください。
そのお豆をお米と一緒に、普段通りの調味料の量で炊くだけで、
かなり!豆の味を楽しめるグレードアップ豆ご飯(?)になると思います。

でも、もう旬はとっくに過ぎてしまいましたね。

今年は母のおかげで大満喫。
来年までは冷凍グリンピースでガマンできるくらい堪能しました。

さぁ、そろそろトウモロコシの時期だわ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書のススメ

思えば、私は子供のころから本が好きです。

そんなに難しい本を読むわけではないけれど、
家にある自伝などは、覚えるくらい読んだし、
なぜか辞書とか図鑑をじぃっと見るのも好き。

今でこそ、なかなか時間がとれないけれど、本当は一日、ゴロゴロしながら山積みの本が読めたら幸せだなって思います。。。。

そして娘。

忙しくってなかなかスイッチは入らないけど、
読書スイッチがはいると、寝食わすれて読みふけっています。

声をかけても返事が返ってこないのを見ていると、昔の自分を見ているよう。。。

本は買ったものもありますが、学校の図書室と、
区の図書館から借りてくるものが大半。

それなのに、図書館へ持っていくバッグは使い古しのエコバッグ。
私のは昔作った図書バッグで今もとってもキレイ。
母娘の差が妙に気になって、また私のToDoリストへ一件追加

最近、詩が3時間くらい昼間に寝ちゃうことを利用して、数日使ってようやく作りました。

柚の部屋のカーテン↓を作った時の余り布を使って。。。
Img_3413

Img_3424
すべてを作るだけの丈がなかったので、底布は別のものにしたんだけど、
かえってメリハリが出たし、強度もましたので良かったかな

柚ももう小学2年生。 
長く使ってほしいので中学生になっても変じゃないのがいいな と思い、
内側は紫の水玉。
全体的にお姉さんデザインです。

Img_3436

カードや、いずれ持つであろう携帯などをいれるポケットはもちろんですが、
紫のリボンを使って、小さな輪っかがつけてあります。

鍵など、キーホルダーをつけておくためのものなのですが、
ポケットの中で行方不明になったり、それこそ落としてしまったりしないので、
自分で鞄を作るときは、必ずといっていいほどつけるようにしています。

O型だから、ま、いっか。。。って思って適当に始末してしまうことが多い私ですが、
長く使ってほしいので、最新の注意(=きっと普通の人並の注意)を払って作りました。
ゼィゼィ

学校から帰ってきて机の上に鞄を見つけた柚。 とっても喜んでくれました。
今のところ、作りがい満点でうれしいです。

図書館に行くのが、これまで以上に楽しいと思ってくれるといいな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボキっ からよみがえる青春の記憶

は?というタイトルですみません。
パンを焼いていて、
ちょっと学生時代のことを思い出したので、パン写真とともに書いてみようかな。。。 と。

突然ですが、我が家のオーブンの内径横幅はおおよそ40cm。

ってことは、焼くパンはそれ以下にすべきなので、
成形はそれよりももっと小さくするべきなのに、しょっちゅう
ルンルン~と転がしているうちに、なが~いパンに。。。

オーブンに入りきらずにJ型バゲッドになったのは1,2回ではナイ。

でも長いフィセルで作るサンドウィッチが好きなのです凹

そして最近、「斜めにすればいいんじゃないの?」

と、本当に当り前のことに気がついたのです。 おばか?

2辺の長さそれぞれの2乗にルートを乗っけたら長さがでるんですよねぇ。
つまりは。。。 う~む。 くるしい。。。

数学は大好きだったんだが、完全記憶喪失です凹

娘が勉強することになったら、一緒に復習しよっと☆。

さて、長さはさておき、そんな気付きにより長くなっている今日のうちパン。

なが~いエピ。 そして、それよりは短いバゲッド2本。
(対角線におけるのは一つなので。。。)

Img_3372_2

いい感じにクープが開き、エピも綺麗な形に焼けたぞ~と一人ニンマリ。

エピはベーコン&チーズの王道なところに、粗引きのペッパーとローズマリーをくわえて
かなりスパイシーな仕上がりで楽しみ☆

と、そこまではよかったのですが、

長いくせに端っこを持ってしまい、ポッキリ
エピの下部分がとれています。

こういうところが、「私っぽい」んだよな~ とあきれ、
記念の一枚を取っておきました。

で、思い出した学生時代(ようやく本題?)

友人が、突然「バレンタインに彼にケーキを贈りたい」と言い出したので、
部活とバイト(すでにパン好きなので、パン屋さんにて)が終わってから彼女の家に行って、夜にケーキを焼きました。

でも私が手をだしたらダメよね ということで、
横でサポートしつつも彼女が作り、いいじゃん!という出来に焼きあがったのが夜10時くらい。

そこから冷めるまで、二人で夜中まで話をし、
深夜、さぁ、ラッピングしよっか と、友人がケーキをもったところ、スルリ!

ケーキが落ちそうになり、手を出して支えたところパッカリ割れて半分落ちました

「あぁ~!!!」と声にならない声をだし、ボーゼンと二人で立ち尽くしたけれど、
覆水盆に返らず。 何回見てもケーキが割れている(笑)

あまりのショックに、だんだん笑いが出てしまい、
彼女も笑いながら「割れた方、食べちゃおうか。。。」といったので、
手でつまんで食べ、おいしいねぇといいながらも、なんだか涙が止まらなくなってしまいました。

実はちょっとつらい恋をしていた彼女。

いろいろがんばって強がっていたけど、なんだかこのばかばかしい出来事で
ちょっと息がつけたような感じでした。

泣きながら笑いながら、二人で半分を完食。

半分やけくそで朝までバカ話をし、朝には、被害にあわなかった半分を綺麗にカットし、
カットケーキとして箱に詰めました。

子供のころ、泣きながら食べる食事の味を何度か経験しましたが、
この時の甘じょっぱいケーキの味はよく覚えています。

そんな彼女も今は2児の母となり、たくましく生きています。

今でこそ笑えるあの頃の恋愛。
悲しい恋も楽しい恋もあるけど、やっぱり経験することで豊かな人生になるんでしょうね。

娘たちには、取り返しのつかない悲しい想いはしてほしくないけど、
楽しいだけでは出来ない恋なのだから、
涙の交じった味をいくつも知って、豊かな人生をすごしてほしいなぁ。。。 と
ちっこい詩と大きくなってきた柚をみて思います。

どんな人たちと出会っていくんでしょうね。。。。

あぁ。でも、若いっていいな~!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

おへそ

朝ごはんとおやつようにベーグルを焼きました。

冷蔵庫をみたら、ちょっとだけラムレーズン。 ちょっとだけうぐいす豆、そしてぬれ納豆。

なので、1種類2個ずつくらいなんだけど、プレーンとあわせて10個近くできました。

何がなんだか分からなくならないように成形時に円の内側にグイっと具を差し込んでおきました。

Img_3360

ちょっとかわいいおへそパンの出来上がり。

Img_3368

でもこれ、意外と中心にギュっと挟まれた状態にするのって難しい(というか偶然?)。

ゆでているときにとれちゃったりすると、もう闇ベーグル。

きっとプレーン!と思いきや、うぐいす豆入りベーグルでサンドウィッチになってしまうのです。。。

ふんだんに入れれば、外から見てわかるんだろうけど、
今回みたいに残り物だと。。。ネ凹

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ようやくお参り

真冬に産まれる我が家の娘たち。

申し訳ないけれど、二人とも暖かくなるまでお宮参りはお預け状態。

といっていたら、暖かくなりすぎてない?? と急きょ「明日いこう」と、
こんなときまで行き当たりばったり。

どこに行くか考えましたが、せっかくだし

Img_3061

先日、代々木体育館に行ったときにチラっとみたこの鳥居。
立派だなぁ とほれぼれしたので明治神宮に詣でました。

一人目とは明らかに違うカジュアルスタイルな私たち。
だからといってパパさん、ジーンズにポロシャツはないだろ~??と横目で見ながらも私もサンダル。

明治神宮を侮っておりました。 この鳥居から本殿まで、歩く歩く。。。
11時過ぎには駅に着いたので、ランチは終わってからね 
とスターバックスの誘惑にまけずに歩いたのに、
本殿についたら12時半(もちろん、柚がいるので、あちこち道草)。

Img_3072

おなか減った~ といいつつも、今日の主役は詩ヒメ。

これでしのごう!とキャラメルをほおばりつつ(無理だって?)
ベビーカーでスヤスヤ寝ていた詩をおこし、ベビードレスにお着替え。
→詩、ボーゼン

そして祈祷所の中へ。

Img_3095
クーハンをみつけ、「わ~、かわいい!」 とやっぱり寝させられてしまう。 

がんばれ!次女

このあたりから機嫌がナナメになり、祈祷中は、ひっそりたかいたか~いなどで
なだめすかす20分。 詩には長すぎ?

でも、やっぱり一生のスタート。 こうやって挨拶はしておかないとね。
とってもきれいな祈祷所で、しんっとしていて、詩をあやしながらであっても
心が静まる空間でした。

祈祷後は外へでて記念撮影。 機嫌が悪いのであんまりとれなかったけど、
それもいい思い出かな。
Img_3133

泣いててもかわいいゾ~

とにかく楽しく大きくなってほしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

夏の特別教室開催のお知らせ

詩との日々はのんびり~。 

完全に糸の切れた凧な私。

でもでも! これではいかん! と教室のことを頭に呼び戻しました(すでに息切れっ

毎月の通例教室についてはまだまだ熟考したいのでお待ちください。

まずはなが~い間お待たせしていたタイ料理のレッスンを行いたいと思います。

◆ 夏の特別教室 ◆

◇日時
 2012年8月25日(土) 10:00~13:00
 2012年8月26日(日) 10:00~13:00

◇メニュー
 タイ料理でおもてなし(2009年8月メニュー)

 ・ヤムウンセン(春雨とエビを使ったサラダ) 
 ・グリーンカレー
 ・生春巻き2種類
 ・デザート

◇費用
6,000円/人

以前の教室での写真はこちら。
Img_3494

どれもこれも気に入った味におさまっていますが、
ぜひとも覚えてほしいのは、グリーンカレー。

手に入るスパイスやハーブでグリーンカレーのペーストを作りますので、
お好みに合わせてアレンジすることが可能です。

ちょっと辛めに仕上げましょうネ

まだこの2クラスしか調整ができていないのですが、
追加開催の必要があれば、また設定してお知らせします。

ご参加をご希望の方はメールやこの記事のコメントへお知らせください。

みなさまにおあいできることを楽しみにしています!

calmo
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »