« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

お邪魔します☆

最近、"子供もつれて参加したい"という方がちらほら見えるので
その方たちのご予定のあう日があれば
子連れ可能デーを作って開催しています。

そんなときは、私の娘も同席させていただいて
とってもにぎやか かつ 中断も致し方ない。。。 という教室となっています。
子供たちはすぐに仲良くなるので、こういうのもいいなって思っています。

娘は作らない(3歳だし。。。。)けど、食べるのだけは生徒さん以上!

Cimg3742

うっきうきなんです。

でも今月の根菜ミートローフは子供には不評?
子供のころにごぼうやレンコンの滋味深い味は
確かに関心がなかったかもしれないナ。。。

このミートローフはそこが持ち味なんですが。

ちなみに料理教室に娘がいるのはなんとかなるのですが
お菓子教室は無理がある。。。。。 と強く思いました。
なぜって。

食いしん坊な娘は、甘いにおいにつられて
遊びにも集中できず、台所にはいってきては
”甘いのちょーだい”と媚びるわスネるわ泣くわ歌うわ。。。
オンパレードで、集中できませんでした。 がっくし。

早く一緒に台所に立ちたいな って思いますが
味見ばっかりされそうでちょっと怖いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ゆき

実家に用事があって
連休は関西で過ごしました。

とはいえ、移動初日は雪。。。
事故もあったらしく高速はほとんどストップ状態で
実家についたころにはぐったり。。。

もともと寒がりの私は雪だ!とはしゃぐこともできず
リビングから一歩たりともでないぞ!という状態になりました。

でも娘は。。。

Cimg3695
うれしくってうれしくって。。。

ばぁばに買ってもらった長靴も、
雨と雪の日だけ!といってあるので、履けるのがうれしいのね。。。
もちろんこの写真は私がとったのではなくパパによるもの。。。。

連休中日は神戸に出向いて久しぶりにだんなさんとブラブラしました。
久しぶりにアクセサリーを買いました。
しかもめずらしくハートのモチーフ。
最近、忙しくしている中、女らしく という意識を失っている気がしたので
自分への気づきになってよさそうです。

去年ほれたカウンター割烹のお店もばっちり予約しておいたの☆

Cimg3738

自分の食べるもの以上に厨房が気になって気になって。。。
料理人の動きを見ることのできる食事どころは大好き。

プロの手は美しいですね。

と~っても癒される一日でした。

でもね。。。 その間に娘は熱をだし。。。

見てもらったらインフルエンザなのでした。。。

去年痛い目をみたから予防接種したのになんで???

去年のように私へ感染しなかったのでよしとしましょうか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月は

日本人が好む食材を使って洋食を作ります。

めずらしくワンプレートディッシュです。
Cimg3580

この豆とナッツを使ったサラダは、
昔、N.Y.のデリで食べたナッツサラダに感動して以来
とても大切にしてきた味わい。

でも、今回しっかり気がついたけど
レモンひとつとっても、酸味の度合いがちがうので
分量だけでお料理をすると味が違う ということ。

基本的には控えめな味付けに作っておいて最後に微調整がいいのかもしれませんね。。。

料理は結局は味覚のセンス ということでしょうか?

センス。。。
私には無縁の単語ですねぇ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ふくはこちらへ☆

節分って昔は豆をまいておすしを食べられるとっても楽しい日。

でも大人になってからは、おすし作ったり鰯かったりなんだか忙しい。
しかもどんどん1年が短く感じるので、一瞬にして次の節分が来てします。。

とはいえ、娘ができてからは1年にあるイベントが結構楽しみな私。
2/3はパパ不在だったので、仕方なく私が鬼役。
鬼(?)の帽子をみにつけ、私に豆を投げては、せっせと拾ってるの。。。

Cimg3665

それって意味あるのん?

1月の教室でずぅっとおすしを作ってきたので
ちょっと満腹。。。 でも、1年に一回だし、お巻き寿司を作りました。

私は関西人だけど、丸かぶりする習慣は特になく。
食べやすいのが一番よね。。。 ときっちゃってます。
1本も食べれないしネ。。。

鰯は小ぶりなものをかったので
シンプルに焼き、しょうが醤油につけこんで、大根おろしと紫蘇をのせてみました。

ただの塩焼きもおいしいけど、この食べ方もさっぱり&こってり という感じで
なかなかでした。
Cimg3678

次の行事はひなまつり。。。

う。 またおすし???

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »